皆さんは動画を何倍のスピードで見るだろうか。

ほとんどの人は1倍速と答えると思う。(倍速というのか分からないが)

私は動画(映画、ドラマ)を1.3倍速で見る。

1.3倍という数字がどこから出てきたのかというと、経験則である。

経験則といっても、色々なスピードを試しながら行き着いた。

以前は海外の映画、ドラマを3倍速で見ていたが、

日本の映画、ドラマを3倍速で見ると何も聞き取ることができなかった。

自分が聞き取ることができるところまで再生速度を落とすと、1.3倍だった。

友達も動画の再生速度を上げて見ている人がいたのだが、

その人に聞いたところ、再生速度1.3倍と全く同じ数字であった。

そんなこんなで、動画の再生速度は1.3倍に落ち着いた。

再生速度を上げて見るくらいなら、見なくても良いのではないかという疑問があるかもしれないが、

無理して見ている訳ではなく、見る時間の密度を濃くしようとしているのである。

自分にとって、再生速度を上げて見た方が良い理由を考えてみた。

  1. 海外ドラマは話数が多い
  2. 2時間を超すような作品は集中し続けるのが辛い
  3. 話しのテンポが遅いのがあり、見ているのが辛い

まず、「1. 海外ドラマは話数が多い」についてだが、言わずもがなである。

何シーズンにも分けられている作品もあり、話数が半端なく多い。

最後まで見たい作品だった場合、時間もそれなりにかかるので再生速度をあげるのもありだろう。

続いて、「2. 2時間を超すような作品は集中し続けるのが辛い」だが、

自分の場合、2時間以上集中して見続けることができない。どこかで集中力が切れる。

集中力が続く限界が90分と言われているが、仮に2時間(120分)の映画だった場合、

1.3倍速で見れば、 120 / 1.3 ≒ 92 (分) で集中力を保ったまま見終えることができる。

映画館では、再生速度を変えることができないのはもちろんのこと、

映画を途中で止めることができないので、あまり行かない。

最後に「3. 話しのテンポが遅いのがあり、見ているのが辛い」

テンポが早い作品もあるが、海外ドラマだと小休止みたいな回があり、

話しが進まなくなるときがある。その回は見るのが辛い。

(この場合は、再生速度を1.3倍以上にしても良いかもしれないが)

以上のことより、私は動画を1.3倍で見ている。

※ 本記事は個人の考えです