洗濯機が壊れてしまい、脱水機能が使えなくなってしまった。 そこで、「修理をする」「新しい洗濯機を買う」を選択肢として考えたが2つとも諦めた。 そして、最終的に脱水機を買うという選択をした。

脱水機を買って、実際に使ってみると下記の点が気になった。

音が思いの外、大きいため、夜の遅い時間などは洗濯することが難しい。

選択肢 メリット デメリット
新しい洗濯機を買う - 捨てるのが面倒、お金がかかる
洗濯機を修理する 捨てなくて良い お金がかかる
脱水機を買う お金が安い、捨てなくて良い 音がうるさい、洗濯が面倒(想定外)

自分は、使っている姿をイメージできたら購入することが多い。 今回もイメージできたので脱水機の購入をした。 しかし、想定外のデメリットがあった。 今回は購入後に何回も使うという場面まで想像できていなかった。

そうは言っても、自宅で洗濯することが出来れば良いという考えがあったため、その基準に照らしてみると選択は正しかったといえる。

また、例えば「洗濯機を修理する」と「脱水機を買う」のデメリットを比べてみても

音がうるさい、洗濯が面倒(想定外) > お金がかかる と考えているので、そういう意味でも脱水機を買うという選択に対して、納得はしている。

※ 本記事は個人の考えです