ある日、何気なくネットサーフィンをしていたら、 「日焼けしすぎてガンになる」という文字が目に入った。

ちょうど今年も自分が日焼けし始めたと思っていたので、 心配になり、日焼けについて少し調べてみた。

ちなみに話しが脱線するが、自分は外にあまり出ないにも関わらず日焼けしている。 いま住んで着る家は日当たりがとても良く、すりガラスではあるがカーテンをしていないため 日光が部屋にたくさん入るからだと考えている。 また、中学のとき外の部活をしていて肌が黒くなってたし、体質的にも日焼けしやすいのもあると思う。

さて、冒頭の「日焼けしすぎてガンになる」について考えていく。 まず紫外線を浴びると日焼けするの「日焼けしすぎてガンになる」ということは、 紫外線を浴びすぎると捉えることができる。

紫外線を過度に浴びると皮膚ガンになる可能性は高まるらしい。ただ紫外線をまったく浴びないのは、また別の病気になることがあるようだ。 よって「日焼けしすぎてガンになる」ということは言えそうだ。

ここで「紫外線=皮膚ガン」 というイメージを持つがそれだけではないらしい。 日焼け止めも病気の原因のひとつであるという説を見つけた。

日焼け止めに含まれている紫外線をカットする成分に毒(発がん性物質)が入っており、それが原因でガンになる可能性があるとのこと。

結論